美容室ニューヨークニューヨーク

  • WEB予約

NYNY 南草津店 コラムニューヨークニューヨーク ミナミクサツ

  • このサロンで予約

パーマとカラー、どっちもしたい!どっちから先にすればいいの?

パーマとカラー、どっちもしたい!どっちから先にすればいいの?

パーマもしたい、でもカラーもしたい!そう思った事、皆さんも1度はありませんか?
でも美容室で「パーマとカラーを同時にしたい」と伝えると、美容師さんには「パーマとカラーの施術は期間をあけるべき」と言われてしまいますよね。
ではなぜ同日の施術がいけないのでしょうか。今日はなぜ同日の施術は避けた方がいいのか、同時がダメならどちらを先に施術するべきなのかをお話しさせていただきます。

なんで同じ日にしない方が良いの?

パーマやカラーを同じ日にしてはいけない理由、まずその一つ目に、「薬事法」という法律があるのですが、その法律により、「パーマとカラーを同時に施術するのは禁止」と定められているのです。

それはなぜなのか。それは、パーマやカラーの際に使用する薬剤に理由があります。

パーマやカラーの際に使用する薬剤は医薬部外品であることがほとんどで、その医薬部外品を組み合わせて使うことが禁じられているのです。

よって、パーマとカラーの薬剤を短時間で組み合わせて使用する同日の施術はできないという訳ですね。

そしてやはり皆さんもお考えの通り、同じ日にパーマやカラーの薬剤を使用するということは髪への負担が大きく、ダメージの原因になりやすいので、できれば日数をあけて施術することをオススメさせていただいているのです。

じゃあ期間はどれくらい空ければ良いの?

では、パーマとカラーどちらもしたい!そんな場合はどのくらい間隔を空けると良いのでしょう?

理想は1週間程の期間は空けていただきたいのですが、どうしても早くどちらもしたい!という場合は最低3日間程空けていただければ良いでしょう。

パーマとカラー、順番はどっちが先?

そして、期間を空ける事と同時に施術を行う順番も重要になってきます。

パーマとカラー、どちらを先に行う方が良いかというと、パーマから先に行う方が良いでしょう。

先にカラーをしてしまうと、次にパーマをかけた時にもし仮に1週間程期間を空けていたとしても必ずある程度は色落ちしてしまいます。せっかく綺麗に色を入れたのにすぐに落ちてしまっては悲しいですよね。

ということで、順序的にはパーマ→カラーの順で施術を受けることをオススメします。

でも例外パターンもあるので、まずはお気軽にご相談を!

上記でカラーとパーマの順番も重要なポイントになってくる事をお話しさせていただきましたが、中にはカラーはカラーでも根元のみのカラーであったりと、パーマを後にしても支障のない例外のパターンもあります。
ですので、パーマとカラーどちらを優先するべきなのか、判断に悩まれる場合はぜひご気軽にお電話でもカウンセリングでもその旨をお伝えください!
しっかりとお話しを聞いて髪の毛の状態を考えた上で、お客様お一人お一人に合った最善の方法をご提案させていただきます!

今里 衣里/イマザト エリ
NYNY 南草津店 スタイリスト
スタッフ詳細
NYNY 南草津店
NYNY 南草津店
滋賀県草津市野路1-11-10レジデンス壽1F
Tel.077-569-4744
店舗詳細

PAGE TOP

サロン一覧